パーシャルデンチャー「部分床義歯を再考する」〜保険義歯でもここまでやろう〜

 2月5日、伊勢崎佐波歯科医師会の学術講演会で、東京医科歯科大学の部分床義歯の教授、五十嵐順正先生のご講演がありました。 演題は『パーシャルデンチャー「部分床義歯を再考する」〜保険義歯でもここまでやろう〜』

 五十嵐先生は現在東京医科歯科大学の部分床義歯の教授ですが、医科歯科卒後第1補綴(部分床)に残られ助手を務められた後、昭和大学助教授、松本歯科大学教授を経て平成18年から母校の教授となられました。 ちょうど私が学部、大学院、医員、助手と在籍中に重ならなかったので直接のお付き合いは無かったのですが、主なご研究の分野が私の顎補綴で研究していたテーマと非常に関係するため、論文を読ませて頂いたり学会発表でよく知っておりました。

 昨年夏講習会に行った鈴木哲也先生もそうでしたが、今回も同じ大学の補綴の先生のお話であり、とっても安心して聴いていられるというか、納得して聴いていられる講演でした。 といっても新しいことがなくて意味がないということでは全くなく、断片や感覚として漠然と頭にある知識や技術が、すっきりと整理されてストンと収まった非常にいい感じです。

 部分床義歯の歴史は長いもので、その基礎となる考え方としていろいろなコンセプトがこれまでに現れ、流行してきました。 しかし様々な研究の集積から現在のパーシャルデンチャーのオーソドックスな考え方は大体固まっています。 まず大きな課題である力の分配の問題としてはリジッドサポートといわれるもの、設計の基本的な処置方針としては「動かない」「汚れない(汚さない)」「壊れない」義歯という3点が挙げられました。 またそれを実現するための大きなポイントとして、残存歯の前処置が非常に重要であるということでした。

 しかしそれを実際の臨床で実現するのは、特に「保険」という制約の範囲内では簡単ではありません。 ただそれは不可能なことではなく、その具体的な方法も示されましたが、先生がいみじくもおっしゃった様に「ここまでやる根性があるかどうか」が鍵だとまさしく思いました。

 自分の臨床を顧みるに、特に床義歯系の補綴に関しては知識と技術はソコソコのレベルではあると思います。 しかしそれをフルに活かしているかといえば、印象法、咬合採得、使用材料、設計等、かなり「根性」のある事をやっていると自負してはいるものの、まだまだ「ひと根性」加える余地があるということを昨日の講演で教えられました。 今後も患者さんの利益と自分の臨床をレベルアップするように、精進していきたいと思います。

 講演会終了後に講師を囲んでの懇親会がありました。直接の接点はない私でしたが、先生はとってもフレンドリーな方で、いろいろと親しくお話をさせていただきました。 特に当院のHPをご覧になっていたということには驚きました。 やたらな事は書けないナと思っております。

(2009年2月5日)  

Designed by CSS.Design Sample