6月の研修

 毎年大体そうなのですが、今年も嵐のような6月がやっと終わりに近づきつつあります。 6月といえば歯科にとっては6月4日を中心とした「虫歯予防」の月、それで忙しいのが普通ですが、私にとっては「学会」と「音楽」の月なのです。 今年はそれが日曜にずっと並んで、というか自らそう予定を入れたのですが、ずっと休み無しなのでした。

 5月30日午後・31日 Pacific Osseointegration Conference(POC)、6月6日・7日 日本補綴歯科学会、 6月14日 インプラント周囲のソフトティッシュマネジメント講演会(鈴木真名先生)、6月18日 嘱託医をしている保育園の歯科健診、 6月21日 私の所属オーケストラの楽芸会(個人発表会)、6月25日 群馬県歯科医学会役員会と公開講座 というわけです。

第2回POC

 5月30・31日のPOCは、一昨年に続き第2回、日本におけるブローネマルクインプラントの草分けである小宮山先生らが立ち上げた学術集会です。 第1回目の報告は以前のブログをご参照ください。 今年は、その普及に伴い急速に問題点が噴出しつつあるインプラントの現在に焦点を当てた、実にタイムリーなテーマ設定でした。 というか、もともと設立の趣旨のひとつが安易なインプラントへの警鐘ということでありました。

 私は土曜日を一日休みにするわけにはいかず、午後からの参加でした。 一昨年に比べて若干焦点の広がった内容という印象でしたが特に最後のディスカッションでは有益な議論が聞かれました。

群馬県歯科医学会役員会と公開講座

 補綴学会とインプラント周囲のソフトティッシュマネジメント講演会は別項で報告します。

 6月25日は群馬県歯科医学会の役員会、総会、特別講演でした。 群馬県歯科医学会は歯科医師会とは別組織の学会で、歯科医師会会員の約半数が入っています。 今年から伊勢崎佐波地区の幹事として、役員に名を連ねることになりました。 はっきり認識していなかったのですが、学会が発足してもう13年だそうです。 これまで特に熱心な会員ではなかったのですが、これも何かの縁だと思います、微力ながら働いていきたいと思います。

 特別講演は、明海大学の補綴の教授である藤沢政紀先生による「顎関節症治療から学んだ補綴臨床の注意点−さまよえる患者を診る、知る、そしてつくらないために−」でした。 非常に臨床に即した、どちらかというと歯科心身症的なお話と、顎関節症については特に復位性・非復位性関節円板前方転位に対する治療の変遷等について話されました。 最初に講師自身がおっしゃっていたように系統だった話ではありませんでしたが、症例を通じて、われわれ歯科医師の患者に対する姿勢、治療や病態というものに関するかかわり方を改めて考えさせてくれ、謙虚かつ真摯な取り組みが必要なことを強調したお話でした。 そしてそれは私自身の普段考えている診療姿勢にとてもフィットするものであり、聴いていてスッと入ってくるご講演でした。

(2009年6月26日)

Designed by CSS.Design Sample