8月の報告

 8月8日(日)には、東京国際フォーラムで「Er-YAGレーザー臨床研究会」の大会がありました。 レーザーにもいろいろありますが、当院で使用しているエルビウム・ヤグレーザーの使用者、特にモリタのアーウィンの使用者のための学会です。 今年は4月に歯周病関係の使用法が健康保険の適応になったため、歯周病の話題が主でした。 当院でも歯周病の手術の時の使用を考えていきたいと思っています。

 8月21・22日(土・日)には、品川のホテルでノーベルバイオケア・シンポジウム・アジア・パシフィック 2010がありました。 夏休み直後で休日の並びが悪いため、私は日曜日のみ参加しました。 メーカーによる集会なので、まあ1年に1度のお祭りみたいなものですが、さすがにインプラントのリーディングカンパニーであるノーベルだけあって、演者も国内、外国共に有名所がずらりと並びました。 主催者側の発表で2500人くらいの参加があったということです。 細かい情報でいろいろと有用な知識の取得はありましたが、ある意味安心したことには自分の経験で考えているインプラント治療のスタンダートは、大きな流れにほぼ一致しているなということを再認識できました。

 8月26日(木)には、群馬県歯科医師会館で群馬県歯科医学会の公開講座、シリーズの3回目、「歯科心身症患者の診断と対応の実際」北海道医療大学の安彦善裕教授の講演がありました。 3回目はまとめ的に、実際に精神疾患のカテゴリーには入らない様々な歯科心身症の患者さんへの治療的な対応についてお話がありました。

 8月28・29日(土・日)は、土曜半ドンにして伊香保に、大学の群馬県同窓会の集まりがありました。 もはや全く少数派のわが同窓会で、さらに参加する人は少ないので寂しいのですが、やはり気のおけない仲間という感じで楽しいひとときを過ごしてきました。

(2010年9月8日)

Designed by CSS.Design Sample