1月の記録

 もう2月も20日ですが、昨月の記録を残しておきます。

 1月21日(土)の午後には東京医科歯科大学歯科群馬県同窓会があり、午後休診にして参加しました。 高崎のホテルメトロポリタンで3時か ら、例年どおり総会と学術講演会、懇親会がありました。
 講演会は同級生を呼ばせてもらいました。たまには基礎医学の話が聴きたいとの声があり、現在東京大学薬学部の教授をやっている一條秀憲先生を呼んで、「細胞がストレスを感じる仕組みと疾患」という話をしてもらいました。 一條先生は医科歯科の口腔外科から病理に残り、大学院修了後にスウェーデンに留学して、その後母校の理工の教授を経て2002年から現職(東京大学大学院薬学系研究科細胞情報学教授)です。 以前同期会で、群馬で何か話してと頼んでおいたのですが、今年実現しました。
 とはいってもすっかりタダの歯医者頭になっているわれわれにはずいぶん難しい話でした。

 次の週末、1月28日(土)、29日(日)には高崎市の問屋町センターで群馬県歯科医学会がありました。 私は幹事の一人なので土曜日は休診にして お昼から準備に参加しました。
 土曜日の午後には教育セミナーがいくつか。最後に衛生士さん向けのセミナーがありましたが、うちのDHも2人参加しました。
 日曜日は朝早くから会場へ、両日とも記録の写真係だったのでずっと会場に張り付いていました。 午後の特別講演は東京歯科の井上孝先生の「再生医療がインプ ラントを抜く日」という刺激的な演題でしたが、内容はよもやま話でした。
 今年は特に1日目が、非常に低調な人出でしたが、寒さの影響だけでしょうか。 いろいろな意味で業界の沈滞が気になるところです。

(2012年2月22日)

Designed by CSS.Design Sample